東京のバーチャルオフィスは一等地の住所が使えて会議室もレンタル可

デスクの上の観葉植物

安全な方法で東京で独立するのに役立つバーチャルオフィス

ミーティング

起業家として、あるいはフリーランスのプロフェッショナルとして東京でやっていく上で、考慮すべき点は沢山あります。ビジネスを運営する上でのコストコントロールはもとより、事業主としての自分を危険にさらさない配慮も重要になってきます。特に、コストダウンを重視するあまり、自宅をオフィスとして使う場合は、多かれ少なかれ事業所情報として自宅アドレスを他者に公開することになります。
それでセキュリティ上、本当に大丈夫なのか、慎重な検討を要するところでしょう。セキュリティを重視して東京でビジネスを営むなら、バーチャルオフィスを利用するのが賢明な方法と考えられます。バーチャルオフィスと契約し、そこの住所と電話番号を使えるようになれば、対外的な経営活動の幅広いシーンにおいて、事業所情報としてその住所等を提示することが可能です。
また、バーチャルオフィスでは、東京の事業所アドレスを使えますが、オフィスへの入居を伴わないため、通常のオフィス賃料は発生せず、ごく定額の利用料金がかかるだけです。セキュリティ面だけではなく、コストコントロールの観点からも非常に利便性の高いバーチャルオフィス、是非、有効活用してはいかがでしょうか。

TOP