東京のバーチャルオフィスは一等地の住所が使えて会議室もレンタル可

デスクの上の観葉植物

ローコストで東京で起業できるバーチャルオフィスを活用しよう

メモとペン

起業の際に慎重に考える必要があるのは、いかにコストを落として事業をスタートさせられるかという点です。最初にあまりに莫大なコストをかけてしまうと、黒字化するまでの過程も長く困難になりがちです。特に、東京で事業をスタートさせる場合、あまり賃料の高い物件を事業所として借りてしまうと、安定的に収益が得られるようになるまでは、固定費の大きさにずっと悩まされることになるでしょう。
むしろ、東京のように、何かとお金がかかる土地で起業するなら、バーチャルオフィスを利用して、オフィス関連コストを徹底的にローコスト化する方が賢明です。それというのも、オフィス家賃に多額の資金を使ったからと言って、それが直接的に何らかのリターンをもたらしてくれるわけではないからです。
仕事の性質に鑑みて、オフィスの実態を使用せず、住所を借りるバーチャルオフィスで十分であれば、まずはバーチャルオフィスを使って事業を立ち上げ、できるだけ速やかに黒字化を達成すべく努めましょう。オフィス家賃による毎月の多額の固定費がなければ、収益アップへのハードルも随分と低くできるはずです。極めて合理的な経営判断と言えますので、是非、東京のバーチャルオフィスを活用しましょう。

TOP